これは裏を返せば、短期間しか稼げなくなるもの、短期間で稼げなくなるものに力を注いではいけないということでもあります。

・短期間しか読まれない記事コンテンツを書いてはいけない
・3年後に取り壊しが決定している不動産を買ってはいけない
・配当金がたまにしか出ない株式を買ってはいけない
・流行りが過ぎたら売れなくなるもの
・サービスを売ってはいけない
・不景気になったら途端に売れなくなるもの
・サービスを売ってはいけない

これらのビジネスは持続可能性が低いため、すぐ収入が入ってこなくなります。

そうなってしまうと、また改めて別のコンテンツや、もしくは別のビジネスそのものの仕組みづくりをはじめることになってしまい、最終的にはこれが勤労所得と変わらないものになってしまう危険性があるのです。

なんでもない一般人がそれほど沢山のビジネスを継続的にどんどん生み出していけるわけもありませんので、ひとつのビジネス、不労所得には長く稼いでもらうようにするべきです。

持続可能性というと難しい言葉ですが、要は「その仕組みは長く稼いでくれるかどうか」を考えて仕組みづくりをしていこう、ということです。

私がご紹介している投資法は長期的に継続して行うことができるものとなります。

FXで行う手法でスワップ金利を用いて行います。

リスクなく資産を増やすことができるので長期的に不労所得を獲得したい方は是非、活用してみてください。