2017年にリクルートキャリアが2,000社を対象におこなった調査によると、兼業・副業を容認・推進している企業は全体の22.9%となっており、すでに5社に1社が副業を認めています。

大手ではソフトバンク、花王、日産自動車、パナソニック、ロート製薬などの企業が何らかの形で副業を解禁しています。

また、個人でも副業をする人が増えています。

ランサーズが発表したフリーランス実態調査によると、日本で「常時雇用されていて、副業としてフリーランスの仕事を行うワーカー」の数は2016年度の416万人に対して2017年度には458万人と1年間で42万人も増えています。

そして、2018年度には何らかの形で副業している人は744万人にも上っています。

私の行っている副業のひとつをご紹介します。

為替取引のFXで資産運用を行っています。

FXには裁量トレードとスワップトレードの2種類があり、私はスワップトレードを行っています。

スワップとは、通貨ペア間の金利で毎日付与されるものです。

FXSUITの「さんすくみ」を利用することでリスクなくスワップポイントを獲得できます。

また、スワップポイントは取引ロット数によって得られる額も変わるので運用額が多いほどスワップも多くなります。

毎月運用額の15%を獲得できるので資産運用を始めたい方におすすめです。