ライバーせどりなどが稼げるはずです。

とくにライバーになれば、初月で五万はいけます。

ライバーとはライブ配信を行う人です。

知ってる人も多いと思いますが、一応説明しておきます。

ライバーは、毎回の配信で視聴者の名前を読んだり、感謝の言葉をかけたりします。

視聴者と密接にコミニュケーションをとることで、課金をうながしていきます。

いいかえれば、「オンライン上のキャバクラ」と考えればいいでしょう。

このようなライブ配信が盛り上がっているのが中国です。

中国ではライバーに投げ銭する文化が進歩しています。

実際、中国版TikTokではすでにライブ配信と投げ銭機能がついています。

そのようなライバーたちの主な収入源は、ライブ配信中に視聴者からもらうプレゼントや投げ銭です。

一度配信するだけで、数百万単位のお金が動くこともめずらしくありません。

ライバーの中には、月に億単位の売り上げをあげるつわものもいます。

ライブ配信でこれから伸びる市場とはお役立ち系ビジネス系ここをマーケットにすれば稼げます。ライバーの事務所には、誰でも入れます。

ライバー専門の事務所に所属すれば、プラットフォーム次第で時給制で報酬が払われます。

やればやるだけきっちりお金が支払われるのです。

プラスユーザーからのプレゼント課金は別枠で収入となります。

せどり着実に稼ぎたい人はせどりがおすすめです。

せどらーになると、コストゼロで旅行しながら好きな場所で働くことも可能になります。

「せどり」とは商売の最も基本的な原則をおさえた手法です。

きちんと勉強すれば、なにもあやしいネットワークビジネスではありません。

「安く仕入れたものを、仕入れた値段よりも高く売って利益を得る」というものです。

これをくりかえすのが「せどり」です。

お金ができるだけ早くほしい人、ビジネスにやりがいを求めていない人などにお勧めです。

せどりは「価格差」があるかぎりチャンスは無限大です。

初めてに三か月程度で数十万のレベルまで到達できます。

ここからは私が行っている投資法についてご紹介します。

ライブ配信やせどりとは違い安定性がある投資法になります。

FXを用いた手法で「さんすくみ」といいます。

さんすくみは月利15%を安定して回すことができる手法で、誰でも簡単に行うことができるのでこれから資産運用を始めてみたい方は是非、さんすくみを活用してみてください。