電子書籍を出版する方法について話していきます。

今のところ日本国内で電子書籍を出版する方法としては、アマゾンが運営している「AmazonKindle」と、楽天が運営している「楽天Kobo」この2つがあります。

それ以外にもありますが、とりあえずAmazonKindleか楽天Koboのどちらかで出版する場合について話を進めてみます。

電子書籍のメリット電子書籍の何が良いかと言うと、まず第1のメリットは無料で本を出版できること、そして第2のメリットは、ほとんど審査なしで本を出版できるという点にあります。

電子書籍ではなく実際の本(紙の書籍)を出そうと思ったら、著名人でない限り、自分の原稿を出版社に持ち込んでお願いするしか方法はありません。(出版社が主催する文学賞などに応募するという方法もありますが)

しかし、多くの人が原稿を出版社に持ち込んでいるので、あなたの本が出版される可能性はかなり低いでしょう。

それに比べて、Amazonや楽天では審査なしに誰でも出版できます。

また、実際の本を出版する方法としては自費出版もありますが、これは数十万~百万円程度のお金が必要になります。

繰り返しになりますが、電子書籍は審査なしで、しかも無料で本を出版できる点が優れていると言えます。

電子書籍のメリットの3つ目としては、印税の割合が多い(あなたがもらえる印税の取り分が多い)という点になります。

書籍出版の印税は10%以下が普通ですが、Amazonや楽天で本が売れた場合、印税(取り分)は最大70%にもなります。

例えば定価1000円の本の場合、一冊売れれば700円が印税収入になりますが、これはかなり大きいです。

さらに4つ目のメリットは、Amazonや楽天という有名な看板を利用して本を出版できる点です。

無名な会社が運営しているサイトで電子書籍を販売しても、ほとんどの人はそのサイトを知らないので、なかなか売れないでしょう。

知らないサイトは怪しい・・、と敬遠する人もいると思います。
しかし、Amazonや楽天といった大手なら信頼もあるので、「怪しいから購入しない」という人もいません。

5つ目メリットは、本からの印税は「不労所得」になるということです。

もちろん本を書くという作業(労働)は必要ですが、売り始めれば何もすることがありません。

何もしなくても、本が売れるたびに印税収入が毎月入ってくるのです。

これは、あなたの代わりに本が稼いでくれている状態です。

あなたは、自分の分身である「電子書籍」を作る。そうすると、分身である「電子書籍」が、毎日せっせと稼いでくれるのです。

自分の代わりに「金、もの、人」が働いてくれることが不労所得につながりますが、まさに電子書籍があなたの代わりに働いて不労所得を稼ぎ出してくれます。

電子書籍よりも簡単に収益を稼ぐことができる手法を紹介します。

FXで行う手法で、実際に私自身も導入している手法になります。

FXSUITという海外証券会社で行う手法で「さんすくみ」といいます。

さんすくみは月利15%の収益を獲得する手法で、長期的に運用する投資法になります。

リスクなく継続性もある手法なので安心して導入することができます。

口座開設も5分ほどで完了するので是非開設してさんすくみを運用してみてください。