賃借人と計画性です。
空室であてにしていた収入が無いだから、ローンの返済が厳しいそれって起業した場合と同じです。
サラリーマンを辞めて独立してフリーランスになった。
でも全く仕事が取れなかった。
状況はそれと同じだから起業する時には無収入の期間を最大6ヵ月と想定した自己資金が必要だという税理士もいます。
でもね不動産投資はちょっと違うんです。
最大のリスクは賃借人と備えなんです。
トラブルメーカーが入居した場合厄介なんです。
退去してもらうんですが中々難しいことも多いんです。
そして家賃を払わない人保証人とかつけても、当てにならない。
保証人が立て替えて払ってくれないんです。
名前だけ貸しました。そんな保証人も多いんです。
そこで保証会社の出番です。
何だか、世知辛い世の中になってしまいました。
そしてもう一つのリスクが備え。
不動産は経年劣化が当然起こります。
古くなれば修繕も必要になります。
そのために修繕費用を積み立てます。
いつ使うかわからないお金を積み立てるそれより次の不動産投資に回したい。
それが命とりなんです。
計画的に修繕やメンテナンス作業を行うことはあなたの不動産の資産価値を高めます。
帳簿上も高額の修繕費用は修繕費ではなく償却資産勘定として計上します。
計画的に行うのは不動産の購入やローンの返済だけではありません。
購入した物件は家賃収入を生むためのあなたの資産増産システムです。
手入れして付加価値をつければもっと収入を生み続けることができるその可能性を秘めています。
投資のレバレッジ効果を最大限に高めるのはあなたの経営手腕です。

結論、不動産経営にはリスクがあり回避するにはあなたが必要な知識を蓄える必要があります。

私が行っているFX投資法はリスクがほぼない手法になります。
銀行の預金感覚で行うことができるので初心者にもおすすめの投資法になります。
月利15%を回せるので長期的にみると数千万円から億を稼ぐことも可能です。
登録も簡単なので導入してみてはいかがでしょうか。